葉隠 HAGAKURE by Daichi Soga


新緑の京都を巡る 嵯峨嵐山 - 龍安寺・仁和寺 [2013.4.28]


二日目は京都駅から電車で移動して嵯峨嵐山駅で乗り継ぎトロッコ列車に乗車。


チケット売り場は観光客でごった返していたがチケットは前日、JR西日本で予約していたので難を逃れることができた。


DSCF0021.JPG


DSCF0027.JPG


DSCF0028.JPG


トロッコ列車は淀川水系の桂川に沿って逆流する方向に進行し、トロッコ亀岡駅に向う。


トロッコ列車は好奇心一杯の子供と一緒に乗ったら喜ばれるのだろうけど、僕たち大人が乗ったところで感動するようなことはあまりないかな。。


今となっては完全に子供心を忘れてしまったね。。


DSCF0029.JPG


トロッコ亀岡駅から船着場までバスで移動。


そこから船に乗り保津川下りを満喫しました。


のんびりした流れに身を任せ、ぼーっとする時間はけっこう好きかも。


DSCF0039.JPG


DSCF0042.JPG


途中急流の箇所がいくつか現れ、ちょうどTDLのカリブの海賊で船が落ちる感覚に近かった。


ちょっぴりワクワクする気持ちがこみ上げる。


もともと保津川下りは昔、京都中心部に資材を運ぶために利用されていたのだそう。


船で下るのはいいが、また元の場所に船を持っていくのはどうするのだろう!?



船頭は三人一組、船を棒で押したり漕ぐ作業をひたすら続ける。


各役割をローテーションで交代していたが、客に対してガイドの役割も果たさなくちゃならんからただ船を漕げばいいってわけではないよね。


トークもお客さんがウケるよう工夫しなくちゃいけないし。


何とも骨の折れる仕事だな。


DSCF0045.JPG


保津川下りも終わり間近になると突如エンジン付きの船がこちらに向かって来る。


そして僕らが乗っている船に横付けし、がっちりと固定する。


どうやら観光客を狙った売店用の船がここら辺で徘徊してるってことらしい。


イカ焼きの香ばしい匂いに誘われてつい買ってしまいそうになる。


ビールも売ってるしセットで堪能したら最高であること間違いなし。


よく計算されていらっしゃいます。


ここはキュウリ漬け1本で我慢。


DSCF0059.JPG


DSCF0064.JPG


船を降りてから天龍寺に向かう。


渡月橋はもちろん嵐山一帯がすごく混んでいるところは休日の鎌倉と同じ光景だ。


渡月橋
DSCF0068.JPG


DSCF0070.JPG


天龍寺
DSCF0073.JPG


お昼は天龍寺境内に併設されているお店で精進料理をいただきました。


見たところ、ここを利用しているお客さんのほとんどは観光客。


中には想像するに天龍寺で法事を済ませた後と思われる方達もいる。


DSCF0086.JPG


普段は滅多に精進料理をいただく機会がないので、こういったお店はとても貴重だよね。



初めていただく精進料理は肉/魚を使わずヘルシーで、且つとても上品なお味でした。


こういった食事は結構好きかも。


メニューが入れ替わるなら毎日食べても飽きることはないかもな。


この精進料理はすごく手間がかかっていることに違いないが、お坊さんは毎日こういった料理を食べているのだろうか。


やはりもう少し質素な精進料理なのかな!?


DSCF0074.JPG


DSCF0076.JPG


DSCF0078.JPG


DSCF0087.JPG


DSCF0088.JPG


嵐電という江ノ電のような列車を京都で発見。


江ノ電と同様、観光客をすし詰めにしてゆっくりと走っている。


こいつに乗って次の目的地、龍安寺に向かう。


嵐電
DSCF0089.JPG



石庭で有名な龍安寺。


京都のお寺 龍安寺〜♪  しょこたんが歌う歌詞にあるあのお寺のこと。


DSCF0090.JPG


禅宗、特に臨済宗のお寺は白砂を敷き詰めた立派なお庭が多いな。


この石庭に向かって観光客がぎっしりと横に並んで拝観していらっしゃいます。


石庭は思っていたよりは広くなくて、正直、建仁寺で観たお庭の方が感動したかな。


ここはやたら観光客で込んでいたから庭の遠近感は錯覚かもしれない。


DSCF0092.JPG


DSCF0093.JPG


知足の蹲踞(つくばい)
DSCF0095.JPG


DSCF0097.JPG


京都観光の最後のお寺は仁和寺。


龍安寺から歩いて20分といったところ。


このお寺は千年以上の歴史があり、出家した法皇が門籍となる皇室ゆかりのお寺らしい。


それだけに至る所に菊の御紋(菊花紋章)が見受けられる。


徒然草に登場する『仁和寺にある法師』はこのお寺のこと。


DSCF0098.JPG


金剛力士像の『阿吽の呼吸』。


DSCF0099.JPG


DSCF0100.JPG


DSCF0103.JPG


DSCF0104.JPG



庭の奥に見える門は勅使門。


京都だけに勅使(朝廷の使者)を迎える勅使門が設置されているお寺がやたらと多い。


門を開くことは滅多にないだろうに。。


DSCF0107.JPG


DSCF0108.JPG



京都に来て満足するほど食べていないものといえば京豆腐。


京都といえば豆腐でしょ!?


前日の夕食で食べた豆腐だけじゃ満足できず、新幹線までの時間もあまりないので京都駅の駅ビル内にある豆腐料理専門店で豆腐をガッツリ食べることにしました。


豆腐好きにはたまらないね。


湯豆腐、湯葉の刺身などなど豆腐づくしだったが、いくら食べたって飽きない。


2013-04-28-17_01_14.jpg


2013-04-28-17_01_31.jpg


2013-04-28-17_01_08.jpg



あとは新幹線の中でビールを飲みながら食べるおばんざい(昔から京都の一般家庭で作られた和食の惣菜)の弁当を買って京都はこれで終わり。


一泊二日でも上手く動けば十分に京都を堪能できることがわかった。


体力次第だが長距離バスを利用すればもっとリーズナブルにできるかも。


今回行くことのできなかった場所がまだ数カ所あるので、次回に繰り越して乞うご期待だ。

Top