葉隠 HAGAKURE by Daichi Soga


しあわせの「はひふへほ」


いつだったか、建長寺に説法を聞きにいったときのこと。


説法をされていた或るお坊様の話はとても興味深く、そして面白かった。


僕は終始その話に集中して聴き入っていたことを覚えている。


その日の話の中に人生においてとても大事なエッセンスが含まれていた。



しあわせの「はひふへほ」


は ⇒ 「半分に」


ひ ⇒ 「人並みに」


ふ ⇒ 「ふつうに」


へ ⇒ 「平均に」


ほ ⇒ 「ほどほどに」



人の煩悩ってやつは恐ろしいもので、知らず知らずのうちに欲望が湧きでて自分自身を苦しめる。


仏教的な内容だがこの覚え易い「は行」の教えはとても大事な哲学だ。


というか、仏教そのものが哲学といっても過言ではないと思う。


ついでにもう一つ。



「比較三原則」


過去の自分と比べない


今の自分と比べない


未来の自分と比べない



他人と自分をよく比べがちだが、自分自身とも比べるなといっている。


何かとよそ見をするとくじける。


だから、ありのままの自分でいいってことだな。

Top