葉隠 HAGAKURE by Daichi Soga


丹沢山系 鍋割山に登る


丹沢の自然を満喫したく、鍋割山にトレッキングに出かけました。


何となく自然に癒されてみたかったのかなぁ。


コースプランは大倉~鍋割山~塔ノ岳を予定していたが、

思いの外、体力の消耗や時間がかかるため目的地を鍋割山に変更。。。


頂上にある鍋割山荘でありつける鍋焼きうどんが食べたくて・・・、それが一番の目的かもな。


20111001_MG_3785.jpg


20111001_MG_3800.jpg




山では水がとても貴重。


鍋割山荘で使用する水を山小屋まで運んでくれるボランティアを募っているようだ。


僕も身の程知らずにペットボトル2つを持って行くことにした。


水を運びながらの登山は思ったよりキツイ。。


20111001_MG_3804.jpg


20111001_MG_3810.jpg




今まで見たことがない程の大きなカエルを発見。


そこを通りかかった山ガールが思わず絶叫っ!


見たくないものを見て気分悪そうな顔をしておりました。


お気の毒に・・・。


20111001_MG_3826.jpg



道ではない道をただひたすら進んでいくと、何とも美しい原生林の風景に出会い、絶句しました。


20111001_MG_3828.jpg



結構高いところまで登って来たでしょうか。


両側が急な斜面になっている尾根をただひたすら進んでいく。


20111001_MG_3847.jpg


20111001_MG_3853.jpg


20111001_MG_3863.jpg


20111001_MG_3878.jpg




やっとの思いで鍋割山荘に到着。


メジャーなコースだからなのか、山頂には思ったより多くの登山者がおりました。


20111001_MG_3884.jpg


20111001_MG_3887.jpg


20111001_MG_3891.jpg


20111001_MG_3929.jpg


20111001_MG_3935.jpg



そして、目的の鍋焼きうどん。


お腹も空いてヘトヘトに疲れている時に食べるアツアツのうどんは格別に美味しい!


ボランティアで運んだペットボトルのお礼に、お店の方がレンコンをサービスしてくれました。


20111001_MG_3893.jpg


20111001_MG_3909.jpg


20111001_MG_3897.jpg


20111001_MG_3899.jpg



山荘の中は宿泊用の設備が整っている。


一泊するとなると、山小屋ではどのように過ごすのでしょうね。


そのうち試しに泊まってみたいもんだな。


20111001_MG_3902.jpg


20111001_MG_3903.jpg


20111001_MG_3904.jpg


20111001_MG_3905.jpg


20111001_MG_3906.jpg


20111001_MG_3908.jpg



飾られた写真には高々と荷物を背負った男性の姿が写っている。


見たところ、鍋割山荘のお店の方のようだ。


写真は若い頃かな。


山荘で使用するための物資を運んでいるのでいるようにお見受けする。


ご苦労お察しします。。


20111001_MG_3918.jpg




標高1273m の鍋割山山頂ともなると相模湾を見渡す景色は最高だ。


20111001_MG_3923.jpg


20111001_MG_3932.jpg


20111001_MG_3938.jpg
Top