葉隠 HAGAKURE by Daichi Soga


-インドの旅- デリー [2011.8.10-11]


夏のお盆と重なる旅行シーズンど真ん中、夏期休暇を利用してインドの旅に出かけました。


インドというと旅行としてはかなりマイナーなイメージだが、滅多に行くことのない国だからこそ行き甲斐があるというもの。



インドのデリーまでは成田からおよそ8時間半のフライト。


機内食はキッチリ2回。


前日までの仕事で疲れきっていたおかげで、飛行機の機内ではほぼぐっすり眠れた。



あっという間にインドでただ一つしかない国際路線の空港、インディラ・ガンディー国際空港に到着。



入国審査では、なんともインドらしいデザインの装飾がされていることで。。


この国はバスポートだけでは入国できないため、別途ビザの取得が必要だ。


IMG_20110810_2841.jpg


IMG_20110810_2844.jpg



空港は銃をもった兵士が緊張感張り巡らせてうようよと警戒している。


物々しい雰囲気の中、現地ガイドを見つけて話を聞いてみると、

どうやら来る8月15日はインドの独立記念日(イギリスから独立)だとのこと。


そのためテロを警戒してインドの主要な場所・施設は厳重警備を敷いているのだそう。


確かに何年か前にもインドで大規模な自爆テロがあった記憶がある。


IMG_20110810_2845.jpg


IMG_20110811_2894.jpg


IMG_20110811_2905.jpg


IMG_20110811_2909.jpg


IMG_20110811_3026.jpg


IMG_20110811_3027.jpg



インドでターバンを巻いた人はシーク教徒らしい。


同じインドでもヒンドゥー教、イスラム教、シーク教、ジャイナ教と、たくさんの宗教や文化が入り交じっている。


IMG_20110811_2886.jpg



インドに来てびっくりしたことの一つに牛、豚、野良犬がそこいらを普通に歩いていて、車が走っていようが平気で道路を横断してくる。


野良犬に至っては、噛まれると狂犬病になる恐れがあるらしく、即応急処置をして病院でワクチンを摂取しないと大変なことになるらしい。


確立した治療法がないため、狂犬病が発症したらほぼ助からない。


毎年、この狂犬病で多くの人が亡くなっている。


こればかりは気をつけましょうとしか言いようがない。。


IMG_20110811_2955.jpg



最初に訪れた遺跡は世界遺産の クトゥブミナール。


イスラム教のモスクに付属して建設された塔のこと。


当初は100M ほどの高さがあったが、落雷や飛行機が塔に突っ込んだりする事故があり、現在は72M 程になっている。


IMG_20110811_2912.jpg


IMG_20110811_2922.jpg


IMG_20110811_2929.jpg


IMG_20110811_2930.jpg


IMG_20110811_2939.jpg



フマーユーン廟。


ムガル帝国の皇帝のお墓。


イスラム様式の建築で、数日後に訪れるアグラのタージ・マハールのモデルになった建物だ。


IMG_20110811_2957.jpg


IMG_20110811_2959.jpg


IMG_20110811_2962.jpg


IMG_20110811_2969.jpg


IMG_20110811_2970.jpg


IMG_20110811_2974.jpg


IMG_20110811_2976.jpg



インド門。

IMG_20110811_2984.jpg


IMG_20110811_2985.jpg


IMG_20110811_2949.jpg


IMG_20110811_3024.jpg



ラクシュミーナーラーヤン寺院。


デリーにあるヒンドゥー教の寺院で、ヴィシュヌ神の化身ナーラーヤンと、その妻、美と幸運と繁栄の神ラクシュミーが祭られている。


このお寺での写真撮影は一切禁止で、持ち物検査までされるほどの徹底ぶり。


この建物はほぼ大理石でできているからよっぽどお金がかかったことでしょうねぇ。。


IMG_20110811_2987.jpg


IMG_20110811_2989.jpg


IMG_20110811_2990.jpg


IMG_20110811_2993.jpg


IMG_20110811_3000.jpg




お昼はタンドリーチキン発祥の有名なお店でインド式オーブン料理をいただきました。


一言で言い表すと、見ての通り真っ赤っか。


さすがはインドと言った感じだ。


まぁ美味しかったんですけど、日本人には苦手そうなスパイシーの入ったものもあり、インドで食事における一発目の洗礼を受けました。


チャーハンのような炒めた黄色い飯も出てきましたが、インドの米は日本人からすると米じゃない。


なんとも不思議な食感ですた。。


IMG_20110811_3004.jpg


IMG_20110811_3006.jpg


IMG_20110811_3007.jpg


IMG_20110811_3008.jpg


IMG_20110811_3009.jpg


IMG_20110811_3013.jpg


IMG_20110811_3014.jpg




食事の後はマサラティの有名なお店に行きました。


要はチャイ(インドのミルクティー)のお店。


つれあいの熱望でけっこうな数を購入したので、価格交渉をするがこの店は一切まからない・・・。


インドでの買い物だが、意外に高くついた。


この値段で地元の人は購入できるのだろうか!?


やっぱり足下見られてジャパニーズ・プライス?


ただ、こっちは10個買って1つサービスっていうのが定番らしい。


いい商売しとりますなぁ。。


IMG_20110811_3020.jpg




インドではしょっちゅう見かけた三輪車。


簡易的なタクシーといったところ。


IMG_20110811_2948.jpg


IMG_20110811_3023.jpg


IMG_20110811_3037.jpg



おまけにこっちのバイクは5人乗りくらい普通のようだ。

(4人と思いきや、一番後ろの女性が正面で子供を抱いていた)


IMG_20110811_3021.jpg



バイクだけじゃなく車でも無茶な乗り方をしている。


けっこうスピード飛ばしているんだけどね。。


あまりにもこういったケースが多すぎて、次第に感覚がマヒしていちいち驚かなくなった。


日本の常識はこっちでは全く通用しない。。


IMG_20110811_3042.jpg


IMG_20110811_3033.jpg


IMG_20110811_3049.jpg



ジャイプールに向かう途中、局地的な大雨に遭遇。


この時期のインドは雨期らしく、一時的な雨が降っただけで道に小川が出来上がる。


IMG_20110811_3032.jpg




インドの人はカメラで写真を撮られることを嫌がらない。


というか、カメラを撮らせてほしいというサインをこちらから送ると、喜んでカメラ目線でキメてくれる。


むしろ、嬉しいのか外国人が珍しいだけのかは分からないが、出会った人たちはみんな好意的な反応だ。


ちびっ子にいたっては手を降ってくれるくらいさ。


IMG_20110811_3039.jpg


IMG_20110811_3053.jpg


IMG_20110811_3063.jpg



デリーから車で5時間程度走っただろうか、ようやくビンクシティー、ジャイプールに到着。


IMG_20110811_3055.jpg


IMG_20110811_3059.jpg


IMG_20110811_3046.jpg


IMG_20110811_3035.jpg


IMG_20110811_3052.jpg


IMG_20110811_3054.jpg



ジャイプールのホテルに着いた晩、ヒンドゥー教のお坊さんにホテルまでご足労いただき、運勢を占ってもらった。


まぁ、いろいろと観てもらって、結論として僕は太陽と月の力が弱いそうな。。


長くなるので割愛するが、弱っているエネルギーを補う宝石は「スタールビー」と「アクアマリン」だとのこと。


ちょいちょい見かけるインド人の指輪の宝石は単なるアクセサリーではない。


こういった占いから自分に適したものをお守りとして身につけているという。


物事にはそれぞれちゃんとした意味があるのだな。


IMG_20110811_3068.jpg


IMG_20110811_3070.jpg


IMG_20110811_3080.jpg
Top