葉隠 HAGAKURE by Daichi Soga


HOUSE of Pottery

鎌倉駅周辺には至る所にセンスが光るカフェやら和雑貨の店がある。

特に小町通りとかね。


鎌倉駅まで行くのも面倒なので、ウチの近くで気軽に行けて、オシャレなカフェはないかとぷらぷら探したところ、自分の嗅覚が利いて一軒大当たりの店を見つけた。



HOUSE of Pottery。



一言でいうと、英国の田園風景が似合う家。


まるでピーターラビットかジブリの世界に迷い込んだような感じの店だ。


お店のコンセプトは『リトルイングランド』というように、まさに自分が感じたフィーリングが的を獲ている。


コンセプト通りの印象を感じさせたお店のオーナーからしてみればしてヤッタリだろうね。



このお店は建物の一つ一つが本当に見事だ。


スバラシイ!の一言に尽きます。


このお店は鎌倉山に佇む小さなアンティークショップ、かと思えば2階はカフェになっている。


IMG_7483.jpg


IMG_7486.jpg


IMG_7492.jpg


IMG_7494.jpg


IMG_7495.jpg


IMG_7498.jpg




カフェで使われているテーブルや椅子には、手作りの味と温もりを感じさせる。


しかもよく見たら値札が貼られているやん!?


実際に使われている家具や小物には値札が付けられて、すべて売り物でもあるのだそう。


なかなかユニークな売り方だよね。


売り物を実際に使ってもらって、そのモノの価値を見つけてもらう。


クオリティの高いものを長く使い続けるイギリス人のライフスタイルに則ったのかな。


IMG_7502.jpg


IMG_7511.jpg


IMG_7540.jpg



家や家具に限らず、自分の愛用品なんかも特に感じることなんだけど、こういったものって、長く使えば使うだけモノの価値が増すと思うんですよね。


確かイギリスの家って100年はもつとかって前に聞いたことがあるし。


それに比べて日本の家は全然もたないようだし、この辺りは人の価値観の違いだったりするのか。


ただし自分が知る限り、白川郷の合掌造りの家は別。


あれは手入れが大変だけど、丈夫な上に機能的で長く住むことができる。


昔の人の知恵には本当に感心しますよ。


IMG_7522.jpg


IMG_7548.jpg


IMG_7555.jpg


鎌倉山の坂を登るのはちょっと一苦労ですが、

ウチの近くにこんなイケてるお店があるとちょっぴり得した気分になります。


IMG_7550.jpg


IMG_7551.jpg



■HOUSE of Pottery

〒248-0031

神奈川県鎌倉市鎌倉山3-17-25

TEL : 0467-32-0109/8660

FAX : 0467-32-1550

10:00~16:00

年中無休

HP :

http://www.pottery.co.jp/


http://www.geocities.jp/seatopia_77/pottery.html



■House & Garden

ハウス&ガーデン店ではお庭や住宅のデザイン設計及び施工を承ります。

※隣の建物

Top